宗教と立地条件が大切な霊園選び

どうしても人間には宗教観というものがあり、これは霊園選びにも大きく影響をしてしまうことになります。
多くの霊園では同様の宗教宗派で無ければ権利を買うことが出来ないので、自分の宗教をまずは把握しておきましょう。 数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無いとされる墓地も最近では出てきました。
しかし仏教以外の宗教や仏教系でも新宗教では購入することが出来ないといったケースもあるので、よく確認をしておいてください。
霊園選びにおきまして大切となる宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定されています。
ですので自分の属している宗旨や宗派は何なのか、今後どうしていきたいのかなどを考えて決めていくようにしましょう。

 

お墓参りに気軽に行きやすい霊園というのは理想的だと考えている人が多くいらっしゃることでしょう。
自宅のすぐ近くに霊園を求めることが出来なかったとしましても、交通の便が良ければ案外時間をかけることなくお墓参りをすることが出来る場合もあります。



宗教と立地条件が大切な霊園選びブログ:21年04月27日

娘の体は大人よりも
エネルギーの消費量が多いので、
食事の際にしっかりと穀物を摂取していないと…

次の食事が来るはるか前に腹が空いてしまい、
間食を食べるようになってしまう。

朝方食後の午前10時頃や、お昼食後の午後3時頃は、
娘にとっては丁度、炭水化物の消化吸収が終わった辺りであり、
蛋白質や脂肪の消化吸収が始まる頃である。

その時に血糖値が下がるために腹が空いてしまい、
それでおやつを欲しがるということにつながる。

娘におやつを食べさせる場合、
ごく少量なら別に構わないのだが、
量が多くなってしまうと、
食事の時間になっても血糖値が下がらないので、
腹が空かなくなってしまう…

そのため正規の食事を少ししか食べなかったり、
好き嫌いを言い出してしまう。
そうなると、栄養バランスは完璧に崩れるのである。

間食を抑止するためには、
なんといっても食事をしっかりと取らせることが重要!

無精白穀物を食べさせていると、
腹持ちがいいので、次の食事まで血糖値を維持できる。

そうすればおやつを食べたい気持ちが起きないので、
おやつ抜きでも娘は全然平気である。

しかし精白穀物を食べてしまうと、
血糖値が急激に上昇する代わりに、血糖値が急激に降下するので、
食事をしっかり食べたのに、
おやつを欲しがるようになってしまう…

精白穀物を食べている家族に限って、
その家の娘たちはおやつが大好きなことが多いが、
それは精白穀物が引き起こす
「血糖値のジェットコースター」に
はまっているからなのである。