民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない

当然のことですが霊園というのはその土地を利用する権利を購入することになりますのである程度まとまって費用が必要です。
ローンで購入をすることも出来ますが、支払いを遅延してしまうと撤去されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。 墓地というのは経営や管理者によって運営体制が異なっていますので、その特徴に応じまして、どんな墓地を選ぶのか検討をしましょう。
財団法人や社団法人が管理をして、民間が宗教法人から運営の委託されている霊園では、宗教宗派を問わずに申し込むことが出来る場合が多くあります。
少し前までは墓地と聞きますと生前居住をしていた近所の寺院や村の共同墓地などが一般的とされていました。
しかし最近の急激な人口増加などの影響で郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきているのです。

 

民間などが運営をしている霊園というのは公営墓地と比べますと、永代使用料や管理費など割高傾向となっています。
ただし遺骨の有無などによって申し込みに制限がかけられてしまうようなことがありません。



民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わないブログ:21年09月26日

彼女と食事に出かけた
ある晩の出来事です。

その日、
今後の二人のお付き合いについて切り出す
チャンスを僕は伺っていました。
そういう気配を察してか彼女もちょっとよそよそしい感じ…

中華料理を食べながらまずはお互いの近況報告。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、
帰りの時間が…

時計を見て
慌てて切り出そうとしたところ
「そろそろ出ようか」との彼女の一言。

僕は「そ、そうね…」と答えながら
頭の中はいつ話そうかといっぱいです。

あまりにも一生懸命考えすぎて緊張していたせいか、
店を出て歩いている途中にあしをくじいてしまいました。
1ヶ月前に捻挫したところと同じ箇所を
また捻挫してしまったのです。

痛さに思わず座り込んでしまいました。
歩こうにもあしに力が入らずに引きずってしまいます。

「テーピングしてあげようか?」
彼女がそう言って薬屋さんを探しに行ってくれましたが、
シャッターがすでに降りていました。

「湿布があったらいいんだけれどな」
とつぶやいた僕に、少し間をおいて
「…湿布ならあるよ」
とボソっと彼女が言いました。

「ここ」と
彼女が指差したところは腰でした。

そう、彼女は腰痛持ちなんですよね。

「ちょっと待ってて」
そう言って出かけて戻ってきた彼女の手には、
腰からはがしてふたつに折りたたんだ湿布と
アルミパック入りの冷凍シャーベットがありました。

その湿布はかなりくたびれていましたが、
僕にとってはまるでキラキラ光る宝物のように映りました。

「まだ使えるよね」
「うん、大丈夫みたい。ありがとう」

二人で湿布の匂いを確認してあしに貼り直しました。
凍ったシャーベットも機転が利く彼女らしいアイデアです。

あしはひんやり、
心は彼女の優しさにポカポカでした。