価格や環境と設備などを事前確認

霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。 最近の墓地の環境としましては、日当たりや風通し、水はけの良い霊園が多いのでオススメです。
また、山間部を造成することで霊園にしている場所では、大雨に対しての地盤についても調べておく必要があります。
霊園を購入する際には、墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、そして墓石代などといった費用が必要となります。
その他にも開眼・かいげん・供養のお布施などの諸経費が必要ですので、担当の人にいろいろと確認をしておくようにしましょう。

 

管理事務所、駐車場、さらには休憩所や法要設備など、諸設備の有無や規模というのは非常に重要なポイントと言えるでしょう。
墓地全域を平坦設計にしているなど、お年寄りや車椅子の方でも気軽にお墓参りをすることが出来る霊園も増えてきています。



価格や環境と設備などを事前確認ブログ:21年05月04日

大人と娘とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
娘にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
娘が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

娘のご飯においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

娘が摂取する穀物の多さこそ、
娘の脳の発達を促すことになるのだ。

母親としては、
娘の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母親が大量におかずを作ってしまうと、
娘は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな娘が育ってしまうのである。

娘には日本の伝統的なご飯で充分。
ご飯に味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢なご飯を出していては、
娘はバカになるだけ…

娘というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ身体も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は娘みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
娘はそうはいかないのである。