霊園基礎知識覚えまSHOW

霊園基礎知識覚えまSHOW

是非理解しておきたい霊園に関する基礎知識を公開しています。
当サイト<霊園基礎知識覚えまSHOW>のお役立ち情報メニューにご注目ください。もっともっと素晴らしい霊園と出会うために大切なのは、とにかくアクセス性と管理体制となります。
お墓を建てるスペースだけのチェックではなく、霊園全体の管理状況をくまなくチェックすることが重要です。
霊園と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。

 

霊園の権利販売を訪問販売で行なっている業者がいますが、匠なセールストークだけで決めてしまってはいけません。
一つの霊園だけに縛られないで、まずは数々の霊園情報を集めて失敗をしない霊園を選ぶことが重要なのです。





霊園基礎知識覚えまSHOWブログ:21年04月22日
昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、わたくしは小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかな子供番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

母は農家の仕事でいつも外に出ていたので、
わたくしの記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
わたくしは祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生のわたくしが知っている漢字の読み方を、
時々わたくしに聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなるとわたくしに聞いた。

ある日、わたくしはしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、わたくしに聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、わたくしに気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「わたくしは、子守り奉公に行ってたからなあ〜」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事を母が話してくれた。

わたくしはまだ子供だったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

わたくしはその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。

霊園基礎知識覚えまSHOW モバイルはこちら